LIME(ライム)は介護事業者向けに生活改善情報を提供します。

ログインしていません

 
 

業界ニュースヘッドライン - 日々の制度情報や、押さえておきたい厚労省通知などを厳選

 ※詳細閲覧には、事業者登録およびログインが必要です。

 

確認Point

今週は、「 オンライン資格確認の情報拡充​ 」に注目​です。

2022/05/27  第4期がん対策推進基本計画に向けた審議、コロナ禍の受診減少対策を検討(厚労省)

2022/05/26  オンライン資格確認の更なる対策、システム導入の2023年4月義務化を検討(厚労省)

2022/05/25  新型コロナワクチンの4回目用統一様式や患者向けのリフレットなどを更新(厚労省)

2022/05/24  5月25日適用、薬価基準収載品目リスト及び後発医薬品に関する最新情報(厚労省)

2022/05/23  屋外や屋内のマスクの着用の考え方及び就学前児のマスク着用の取扱い(厚労省)

 
 

過去の業界ニュースヘッドラインはこちら

 

最新情報TOPICS - 最新の厚生行政や制度改正に関するおさえておきたいポイントを図解・解説

 ※詳細閲覧には、事業者登録およびログインが必要です。

 

■2022.06月号■ 介護保険制度における指導監督のポイント(前編)

Ⅰ.実地指導から運営指導に変更された背景と主な変更

Ⅱ.行政指導の両輪として機能する集団指導と運営指導

 今回は、厚労省の介護保険最新情報Vol.1062において公表された「介護保険施設等運営指導マニュアル」をもとに、実地指導から運営指導に変更された背景や主な変更点を確認し、集団指導と運営指導の枠組みや位置づけを整理していきます。
 今回の変更に伴い、何がどう変わりどんな影響があるかを正しく理解することが、指導に向けた対策を図っていく近道になっていくでしょう。
 次号の後編では、運営指導に係る具体的な事項について確認していきます。

 

■2022.05月号■ 介護ロボット・ICT 導入支援補助金のポイント整理

Ⅰ.地域医療介護総合確保基金に係る2022年度の方向性

Ⅱ.介護ロボット・業務改善・ICT導入に係る補助金の概要

 今回は、全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議の資料における2022年度の介護分野における国家予算の配分を踏まえ、地域医療介護総合確保基金に係る2022年度の方向性を確認し、介護ロボット・業務改善・ICT導入に係る補助金の概要を整理していきます。
 補助金の有無をはじめ、補助率や対象枠、募集時期などの詳細は、各都道府県の基金の最新情報を確認する必要があります。

 

■2022.04月号■ 社会福祉連携推進法人のポイント整理(後編)

Ⅰ.社会福祉連携推進業務の役割と運営

Ⅱ.6つの社会福祉連携推進業務の特徴

 今回は、前編における社会福祉連携推進法人制度の運営形態、位置づけや役割を踏まえて、連携推進法人としての特徴や持ち味となる「6つの社会福祉連携推進業務」のポイントを整理しました。
 連携推進法人は、リーダーシップを発揮する社会福祉法人のみならず、すべての介護事業者に関わる新たな互助組織の仕組みであり、地域の介護基盤の強化として注目される話題です。

 

■2022.03月号■ 社会福祉連携推進法人のポイント整理(前編)

Ⅰ.社会福祉連携推進法人制度の概要と運営形態

Ⅱ.社会福祉連携推進法人の位置づけと役割

 今回は2022年4月に施行となる社会福祉連携推進法人制度の概要を確認しました。連携推進法人は、リーダーシップを発揮する社会福祉法人のみならず、すべての介護事業者に関わる新たな互助組織の仕組みであり、さらには大規模な法人だけに関わる話題でもなく、むしろ小規模な法人が参画して経営基盤を強化する手段となり得ることが注目される理由の1つです。
 次号の後編では、社会福祉連携推進法人の設立の起点となり、連携推進法人の特徴や持ち味となる「6つの社会福祉連携推進業務」のポイントを整理していきます。

 

■2022.02月号■ 処遇改善に係る補助金と新加算のポイント整理

Ⅰ.処遇改善に係る補助金と新加算の位置づけ

Ⅱ.処遇改善に係る補助金と新加算の留意事項

 今回は、処遇改善に係る補助金と新加算の位置づけ・留意事項を整理しました。補助金2022年2月~9月までは全額国費で支給され、10月以降は介護報酬上の加算に組み込まれて恒久化される予定です。
 現時点で判断が難しい点も多く、詳細等は今後の最新情報を確認していく必要があります。活用に向けたポイント整理として、現場に重宝いただける内容に仕上げております。

 

■2022.01月号■ 電子帳簿保存制度とインボイス制度のポイント整理

Ⅰ.電子帳簿保存制度とインボイス制度の見直しスケジュール

Ⅱ.電子帳簿保存制度の概要と対応に不可欠な3つのポイント

Ⅲ.インボイス制度の概要と今後懸念される免税事業者の取引

 今回は、経理業務に関わる「電子帳票保存制度」と「インボイス制度」の見直しスケジュールを整理し、それぞれの制度の概要と対応におけるポイントを確認しました。
 今回の見直しにより「電子帳簿保存制度」は電子取引がある場合、「インボイス制度」は消費税の課税事業者であれば関与し、対応が必要になります。経理業務のみならず、必要に応じて組織全体の業務効率化や生産性向上に向けた足掛かりとして活用していく視点が重要です。

 

【最新情報TOPICS バックナンバー 2021年】 は こちら

【最新情報TOPICS バックナンバー 2020年】 は こちら

【最新情報TOPICS バックナンバー 2019年】 は こちら

【最新情報TOPICS バックナンバー 2018年】 は こちら